スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

フルカラービジョンマウス

遺伝子操作によりマウスには本来備わっていない光色素を持つマウスを作り、色知覚が通常のマウスとどのように違うかを調べた論文が、先週のSCIENCEに掲載されていました。

私たちが色を知覚できるのは、異なる光の波長に応答できる視細胞を3種類持っているからです。短い波長に応答する視細胞はS錐体、中間の長さの波長に応答する視細胞はM錐体、長い波長に応答する視細胞はL錐体と呼ばれています。私たち以外の霊長類も3種類の錐体細胞を持っています。けれども、マウスを含む他のほ乳類は2種類、S錐体とM錐体しか持っていません。そのため、私たちとは色彩感覚がだいぶ異なっているのではないかと考えられています。

この論文ではマウスにヒトのL錐体の光色素遺伝子を発現させて、どのように色を知覚するようになるのかを調べています。その結果、SとMしか持たないマウスは500nmの光(緑)と600nmの光(赤)を区別できなかったのに対し、S、M、Lの三つの錐体をもつ遺伝子改変マウスは500nmと600nmを区別ができるようになりました。さらにもっと細かい波長の違い(たとえば580nmと600nm)も区別できるようになりました。ちなみに、M錐体は510nm付近の光にもっともよく応答し、L錐体は560nm付近の光にもっともよく応答するそうです。

錐体細胞の種類をひとつ増やしただけで異なる色知覚を持ったということは、新しいセンサ(L錐体)をうまく使えるような、普通のマウスとは異なる脳のネットワークが形成されたということです。錐体細胞以外の遺伝子は変えていないので、脳のネットワーク自身に新奇のセンサを活用できるような可塑性が備わっていると考えられます。
このことから霊長類へ進化したときのことを考えてみると、まずはじめに錐体細胞が2つから3つに増え、そのあとで新しい錐体細胞から得られる情報をより上手に利用できる脳内ネットワーク関連の遺伝的変化が生じたのではないか、とのことです。

スポンサーサイト

2007.03.27 | | Comments(6) | Trackback(0) | 論文の紹介

«  | HOME |  »

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。