スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

「動玉箱の中でなにがなにを?」?

ダグラス・ホフスタッターの著書『メタマジック・ゲーム』の25章「動玉箱の中でなにがなにを?」を今回と次回にわけて取り上げていきます。この物語で「意識」や「自由意志」や「自己」についてのホフスタッターの考えがまとめられていると思います。英語の題名は "Who Shoves Whom Around Inside the Careenium?" です。動玉箱がCareeniumに対応するみたいですが、この単語はcranium(頭蓋)をもじったホフスタッターの造語でしょう。この章では『ゲーデル・エッシャー・バッハ』で活躍したアキレスと亀が再び登場します。

アキレスの次の問いから話が進みます。

アキレス:結局のところ、この頭の中ではいったい誰が誰を動かしているんだろう?
亀:分子が君のすべてなんだよ!
アキレス:君の解釈は逆さまで、分子が僕を動かしているんじゃなくて、本当は僕が分子を動かしているんじゃないかい?


ここから亀の講釈が続きます。亀曰く、「自由意志」とは「脳に備わっている一定の動きをとろうとする傾向の複雑な集まりを指す略語」だそうです。さらに脳を動玉箱というアナロジーを用いて説明しています。
動玉箱の中ではたくさんの小さな玉が高速で飛び交っていて、さらにもっと大きく硬い無機質な細片も動玉箱の中にあり、これが玉の飛ぶ方向に影響を与えている。そして、この無機質な細片を「"し"なやかな"無"機質片」、略して「シム」と呼び、これもぶつかってくる玉に影響をうけてゆっくりと形を変える。動玉箱の中を短い時間スケールでのぞいてみると、たくさんの玉が飛び交っているのが見える。長い時間スケールにすると、小さな玉は速すぎて見ることができず、シムだけが動いているように見える。ときにはシムがひと塊の玉を包み込んで環状構造を作ることもある。これを「シムボール」と呼ぶ。シムボールの配置のことを「記憶」とか「知能」とか「観念」というふうに解釈することもできる。

アキレス:問題は、動玉箱の中のこれらの動脈からは「私」が見えてこない、ということなんだ。
アキレス:魂とかそういったものが入り込む余地はないなんてことは、もうこれまでに何度となく聞かされたさ。だけど、僕には僕がいるということがわかる。これは否定できない「事実」だよ。だから、たんに僕の肉体は物理法則に従うというだけじゃなくてそれ以上の洞察がほしいんだ。この「私」という感じ、僕にも君にもあるけれども、石には「ない」感じ、こいつはいったいどこからくるんだろう?


また亀の説明が始まります。
例えば、動玉箱に人工の目と口がついていて、動玉箱の側で緑色の明かりをともしたとしよう。そうすると玉の活動が始まり、シムボールの再配置が引き起こされる。シムボールが定常位置におさまると「緑色の光が見える」というかもしれない。
知覚というのは、「外にある」なにかを内部に映し出すことである。私たちが知っているのは自分の内部状態のことだけだが、私たちは私たちの知覚を支える脳の内部活動には気がつかないようにできている。そして、外に指し示されるべきものがないかもしれないのに自分自身をだまして外に投影している。

ちょっと話がかわって、

アキレス:「シムボール」を見張っていてシムボール活動の「表現」を作り出すような、内向きの変換器というものがあるのかな?


それがあるとして

アキレス:どうやってシムボールを「見る」んだい? 、、、、
そもそも、そういうシムボールはどういう目的であるんだろう?


亀の説明は次の通りです。
シムボールの位置ずれによってシステム全体に震えが生じる。その震えを「心震」と呼ぶことにする。「心震」にはそれぞれ固有の特徴があって、動玉箱の中にはその特徴をとらえる心震計シムボールがある。心震計もシムボールに他ならないから、また別の震えを引き起こす。つまり、常にシムボールの活動が動玉箱内をいったりきたりしているのである。これが意識のあるシステムで起こっていることである。そして、自分自身を監視できる動物は、周囲環境の精巧な表現を内部にもつことができるため、行動の選択に幅がある。そういうものを「思慮」とか「熟考」とか「内省」と呼んで「反射」から区別することができる。

メタマジック・ゲーム―科学と芸術のジグソーパズル メタマジック・ゲーム―科学と芸術のジグソーパズル
ダグラス・R. ホフスタッター (2005/10)
白揚社
この商品の詳細を見る

スポンサーサイト

2007.04.27 | | Comments(0) | Trackback(0) | その他の本

«  | HOME |  »

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。