スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

マインド-心の哲学 2章

この章では、唯物論の歴史的遷移、心に関する計算理論の概念、さらに消去的唯物論を紹介している。

二元論の困難
実体二元論はなかなか受け入れがたいところである。実体二元論よりは弱い主張の性質二元論というものがある。これはわりと受け入れられている。性質二元論は二つの実体があると考えるのではなく、世界は二つの性質をもっていると考える。しかし、「性質」と言い直しただけで二元論としての困難がなくなったわけではない。物理的なもの(脳)からどのように心的な性質がうまれるのか答えられていない。デイヴィット・チャーマーズによれば、たとえ意識が存在しなかったとしても、物理的な宇宙の経過が現状となんら変わらない、ということは論理的にありえる、という。心的なものと物理的なものの根本的な違いが二元論を駆動している。

唯物論への転換
今日、最も影響力の大きな説は唯物論である。心的状態が存在しても、それはなんらかの物理状態に還元でき、それ以外にありえないという説である。しかし、唯物論は意識と志向性を置き去りにしてしまう。意識状態と志向状態を本来的に備えているという事実を否定しないような説明が必要である。

唯物論の歴史ー行動主義から強い人工知能まで
この節では唯物論の歴史が述べられている。

方法論的行動主義
刺激ー反応の相関関係を調べて法則を見いだすことを目的とする立場。心理学のための新しい方法を提起した。

論理的行動主義
心的な言明は行動に関する言明に翻訳できるという立場。論理的行動主義では心的状態は、「もしこれこれの条件が満たされたら、しかじかの行動があとにつづくだろう」という仮言的な言明から分析させる。

物理主義と同一説
心的状態と脳状態が同一であると主張する立場。

機能主義
心的状態はある種の機能を持った状態であると主張する立場。

コンピュータ機能主義(=強い人工知能)
心的状態とは脳の計算的な状態であると主張する立場。脳はコンピュータのハード、心はソフトと考える。
弱い人工知能の立場=シミュレーションで心を研究することを目指す。
強い人工知能の立場=適切にプログラムされれば心をもつ。

計算と心的過程
この節では心と計算理論の問題において重要な概念が紹介されている。

アルゴリズム

チューリング・マシン

チャーチのテーゼ
計算可能であればどんな問題でもチューリング・マシンで計算できる。

チューリング・テスト

記述のレベル
分子のレベル、全体の物理的構造のレベルなどさまざまレベルで記述できる。

多重実現可能性
さまざまなハードで高いレベルの記述を実現できる。

再帰的分解
大きくて複雑な問題は小さな問題に分解できる。

その他の唯物論
消去的唯物論=心的な存在物は存在しないと考える。

スポンサーサイト

2006.06.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | マインド-心の哲学

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。