スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

マインド-心の哲学6章

6章「志向性」です。
この章はいささか哲学的です。ちなみに志向性とは外界などを指し示す様のことをいいます。

志向性には3つの問題がある。第一に、どうして志向性がありうるのか、第二に、志向状態が可能だとしたらその内容はどのように決定されるか、第三に、志向性のシステム全体はどのように機能しているか。サールが一章で志向性の問題に言及していたときは、三番目の問題については述べられていなかったが、ここで、三番目の問題が最も興味深いと言ってる。また、t字のインショナリティ intentionality(志向性)とs字のインテンショナリティ intensionality(内包性)を区別することが重要とのこと。

1 志向性はいかに可能か
端的に言うと、ニューロンの振る舞いによって生じる。志向性とは表象の一形式だそうだ(私はなぜ志向性が表象そのものでないのかがわからない)。

2 志向性の構造
この小節では、志向性の形式的な構造について述べられているが、私はほとんど同意できなかった。この小節であげられている志向性の分類にいったいどんな意義があるのかわからない。神経生物学的特性を考えると境界線がすぱっと引けるものではないと思う。

3 二つのインテンショナリティ 志向性と内包性
内包性とは外延性に対立する概念だそうだ。ここで内包性について十分な説明があるわけでない。私の理解では、内包性とは、ある人の信念に関しての表象であって、その表象が真であるか否かはある人の信念状態に依存するといこうとことらしい。

4 志向内容の決定論 外在主義をめぐる二つの議論
ここでは、志向内容はある人の内にはなく、外部とその人の内部に混在してあるという主張を紹介して、それを論破している。外在主義者は可能世界の議論をして志向内容が内在していないと主張している。


サールは志向性は情報だと言っているので、その情報処理について、計算論的神経科学とかシステム神経科学の言葉で語ることが可能だと思う。その方が私にとっては哲学的な言葉で説明されるよりもわかりやすい。

スポンサーサイト

2006.07.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | マインド-心の哲学

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。