スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

日経サイエンス 臨時増刊「こころのサイエンス」

日経サイエンス創刊35周年記念で増刊号が出ていました。
主なトピックは
「これがほしいの!」の脳科学
です。
とはいえ、ニューロマーケティング以外に、ニューロエコノミクス、動物に感情はあるのか、脳波の自己コントロール、ゲイは一生ゲイなのか?、心の平穏を神経科学で解くなど、わりとざっくばらんです。

ニューロマーケティングとは消費者の脳活動を見ることで市場調査をしようというものです。脳活動を調べれば、従来使われてきたアンケート調査とか意見を直接聞く方法よりも、消費者がどのようなものに購買意欲をそそられているのかということを、より直接的に調べられるはずというわけです。
ここであげられているのはfMRIを用いた実験で、例えば、ドイツのヴェルターが行ったいろいろな種類の車の写真を見せたときの脳活動を調べた実験や、マクルーアのコカ・コーラVSペプシの嗜好実験などです。スポーツカーを見ると自己報酬に関わる側座核という部分が活動するそうです。この部位は欲望や喜びに繋がる物質を放出するそうです。また、コカ・コーラをおいしいと答えた被験者はコカ・コーラを飲んでいるときに内側前頭前野という部位が活動するそうです。この部位は複雑な試行や評価、自己イメージに関わる部位だそうです。
ニューロマーケティングに対する批判としては、コストがかかりすぎるし、fMRIの中と私たちが商品を選択する環境とではだいぶ異なるではないかというものがあります。
それでも、研究者たちはニューロマーケティングに対して楽観です。企業が自社製品をより多く販売する方法としてニューロマーケティングを用いていくだろうし、消費者もニューロマーケティングによって広告にどれだけ自分が流されやすいか気づくようになるからだそうです。

スポンサーサイト

2006.10.30 | | Comments(3) | Trackback(0) | 雑記

コメント

これ

なんとなく買いました。
Scientific American Mindとは違うもんなんですかね?
http://www.sciammind.com/

2006-10-31 火 12:59:32 | URL | しろうと #- [ 編集]

そうです。

Scientific American Mindの Volume16, 17から抜粋された記事と日本人著者の記事をあわせたものになっています。Scientific American Mindもすべて日本語訳してくれたらありがたいのですが。

2006-10-31 火 22:20:11 | URL | yureisoul #- [ 編集]

なるほど

そうですね。
海外では、Scientific American Mindは空港の中の
ちっちゃな本屋でも売ってるくらい一般ウケするものみたいですけど、
日本ではまだまだ無理でしょうかねー。

2006-11-01 水 21:26:09 | URL | しろうと #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。