スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

Minsky来日

2週間前になりますが、京阪奈にあるNTTコミュニケーション科学基礎研究所でMarvin Minsky氏の講演会が開かれたので聞きにいってきました。Minsky氏は人工知能の父と呼ばれる人物で、真空管によるニューラルネットの作成、単純パーセプトロンの限界の証明、フレーム理論の提唱などで有名です。

今回の講演は最近発売された著書"The Emotion Machine"の内容みたいでしたが、メインメッセージは『心の社会』でも述べられていたこととほぼ同じだったと思います。つまり、心とはたくさんの心をもたないエージェントの集まりによって生まれるものであるということです。昔に比べて人工知能の研究は様々な領域に分岐し進歩しました。統計学習、強化学習、遺伝的アルゴリズム、自然言語処理などなど。その分岐した領域では、かなり問題を解けるようになりました。でも、それを突き詰めていったところで心を持つような人工知能はできません。Minsky氏がこのように主張する理由のひとつは、心をもった私たちの脳の機能構造にあるみたいです。脳は、視覚刺激を処理する部位、運動計画を行う部位など、機能分化しています。このような部位(エージェント)が集まって心ができているというのです。

またMinsky氏は知能の表現の多重性にも注目していました。講演の冒頭にフロイトを読めよとおっしゃっていました。フロイトが心には異なるレベルがあるということをはじめて主張したからです。フロイトによると心にはスーパーエゴ、エゴ、イドという異なるレベルがあります。Minsky氏も思考について、文、フレームアレイ、絵フレーム、意味ネット、Kラインという異なるレベルがあると考えています。そして脳もエリア、コラム、ニューラルネットワーク、ニューロンといったように異なる表現のレベルを持っています。ほとんどの研究者は思考についてひとつの普遍的な理論を見つけようとしてきましたが、脳は異なる処理と表現をもつ多くの特化した組織から成っているとのことでした。

The Emotion Machine: Commonsense Thinking, Artificial Intelligence, and the Future of the Human Mind The Emotion Machine: Commonsense Thinking, Artificial Intelligence, and the Future of the Human Mind
Marvin Minsky (2006/11/07)
Simon & Schuster
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

2006.12.18 | | Comments(0) | Trackback(1) | 雑記

トラックバック

http://yureisoul.blog49.fc2.com/tb.php/63-eb88c151
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

パーセプトロン-心理学を考えよう

パーセプトロンパーセプトロン(perceptron)は、1957年に心理学者フランク・ローゼンブラットによって提案されたニューラルネットの一種。視覚と脳の機能をモデル化したものであり、パターン認識を行う。シンプルなネットワークでありながら学習能力を持つということがニュー

2007.02.15 | 心理学を考えよう

«  | HOME |  »

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。