スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

世界の究極理論は存在するか 5仮想実在

世界の究極理論は存在するか―多宇宙理論から見た生命、進化、時間 世界の究極理論は存在するか―多宇宙理論から見た生命、進化、時間
デイヴィッド ドイッチュ (1999/10)
朝日新聞社
この商品の詳細を見る


この章では、仮想実在という思考実験を通して、私たちの知や認識の本質を考えようとしています。

飛行シミュレーター、プラネタリウム、ハイファイオーディオなどユーザーに特定の感覚を作り出せる装置を”イメージ生成装置”または”仮想実在生成装置”とよぶ。この装置はユーザーの外部にある何らかの環境(実際の飛行機、夜空、演奏)をユーザーに体験させる。この装置によって引き起こされる体験を”外的体験”と名付ける。一方、外的体験と対比させて、驚きとか緊張とかを内的体験と呼ぶことにする。仮想実在生成装置によって特定の内的体験を与えるようにすることはできない。2回続けて同じイメージを提示したとき、必ず同じ外的体験を与えるが、内的体験は1回目と2回目で異なる可能性があるからだ。内的体験の生成装置は将来的に可能かもしれないが、正常な心の機能に影響を与えるので仮想実在生成装置には含めないことにする。

仮想実在生成装置に対して、4章で見た独我論に対する反駁方法”蹴り返し”が無効になるのだろうか。そうはならない。仮想実在を生成したコンピュータは物理的実在であり、このコンピュータが蹴り返す。独我論の議論に実際のものか仮想的なものかは関係ない。結局、実在的なものをなんでも簡単に確認できるわけではないということである。

仮想実在生成装置は、究極的には、脳の信号を読み取る装置、脳へ信号を送る装置、そして、それらを制御するコンピュータのセットと考えることができる。脳の信号の解読は難しいかもしれないが、一度解決すれば、仮想実在生成装置の焦点は、ユーザーにさまざまな環境を提示するためにどのようにプログラミングするかという問題になる。言い換えれば、どんな環境なら明確に指定できるかという問題になる。

結局、われわれが体験するどのような外的体験も直接的ではない。外的体験はすべて仮想実在の体験である。そして、仮想実在が可能であるということは、あらゆる学問や想像、芸術、虚構の基礎となっている。


目次

1 万物の理論
2 影の宇宙
3 問題と解決
4 実在の基準
5 仮想実在
6 計算の不偏性と限界
7 正しさの根拠をめぐる対話
8 生命の宇宙的意義
9 量子コンピュータ
10 数学の本性
11 量子的な時間
12 タイムとラベル
13 四本の撚り糸
14 宇宙の終わり
スポンサーサイト

2007.02.21 | | Comments(0) | Trackback(0) | 世界の究極理論は存在するか

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。