スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

模型は心を持ちうるか 1

ブライテンベルク著 "VEHICLES : EXPERIMENTS IN SYNTHETIC PSYCHOLOGY"の邦訳『模型は心を持ちうるか―人工知能・認知科学・脳生理学の焦点』を紹介する。もう既に古典と呼ばれる本かもしれない。だが心を機能的に理解したいと思っている人には一読の価値があると思う。

この本は2部構成になっている。1部ではモーターとセンサーがついた単純な模型で生物の行動を模倣させることを考える。徐々に新たなメカニズムを追加していって、より複雑な行動を模倣させていく。2部ではそのメカニズムの根拠となった神経科学、心理学的な知見を紹介する。結局、最後まで邦訳の題名に対する答えは載っていないが、心を理解するために欠かせない重要なアプローチが本書を通して書かれている。つまり構成的な方法である。

1部で登場する模型は1号から14号までの14種類である。1号はもっとも単純な模型で、ひとつのセンサーがひとつのモーターに接続されている。センサーが高い温度を感知すると前に進み、寒い場所では停止する。この模型を観測すると、暖かいところでは落ち着きなく動き回って、快適な寒い場所を見つけようとしているとみえるかもしれない。

2号はセンサーとモーターが2つずつ付いた模型である。2号aは左のモーターに左のセンサーが接続され、右のモーターに右のセンサーが接続されている。そのセンサーは光を感知し、光が強いほどモーターを速く回転させる。2号aの左側に光源があると、左側のモーターの方がより早く回転し、2号aは光源から遠ざかろうとする。
2号bは左のモーターに右のセンサーが接続され、右のモーターに左のセンサーが接続されている。2号aとは対照的に、2号bは光源にぶつかるまで近づいていく。2号aと2号bはどちらも光源が嫌いだがその対処の仕方が異なる。2号aは光源から逃げるが、2号bは光源を破壊しようとする。

このように模型を徐々に複雑にして、より生物らしい行動ができるように改良していく。その過程でこのアプローチについての哲学的な意見が書かれている。それは「登りの分析・下りの発明の法則 (law of uphill analysis and downhill invention)」である。何らかの行動をさせることができる機械を作ることは簡単であるが、それに比べ機械の振る舞いを観測してその内部構造を推測しようとすることははるかに難しいということである。

もうひとつの哲学的な分析は、われわれは生物の複雑な振る舞いを見て、きっと内部構造はとても複雑なんだろうと考えがちになるということである。「下りの発明」から非常に単純な仕組みで複雑な振る舞いを行わせることができるとわかるのである。


「登りの分析・下りの発明の法則」はおそらく正しい。とすれば、この法則は、「心の仕組みが理解される前に心を持った機械が作られる」ということを含意するのだろうか。これに答えるには少なくとも以下のことを明確にする必要がある。
1、作ることによって、そして作った機械の振る舞いを調べることによって、その機能を理解できるのか。
2、ある機械(または人)が心を持っているか否かの判定基準はあるのか、あるとすればどのようなものか。

一般に、作るだけではその機械の機能はわからない。しかし、機械の内部状態も観測可能であるならば、様々な条件でその振る舞いを観測することにより、その機能を理解することが可能であると思われる。そうだとしても2は難しい。つまり、チューリングテストに代わる厳密な基準を見つける必要がある。おそらくその厳密な基準を定めることは非常に難しく、多くの人間がこの機械は心をもっていると感じれば、その機械は心を持っていることになるのだろう。そして、そのずっと未来に、あの時代のあの機械は心を持ってはいなかったと再認識されることだろう。

結局、複雑な対象を理解するためには、その対象と同じ機能を持つものを作っていろいろ実験する以外の方法があるのだろうか。

スポンサーサイト

2007.12.19 | | Comments(0) | Trackback(0) | その他の本

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。